Web Media Memo

Advertisement, AD Technology, Socialmedia, Market Forecast, Report, Attribution etc...

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いま、Second Lifeは「回復期」

Second Lifeは終わっていない!?

 [参考] Second Lifeは終わらない 増えるユーザー、成長する経済


企業のSecond Life参入は急速に減り撤退する企業も増えているが、日本でのアクティブユーザー数は着実に伸びており、2007年当時の2~3倍。
またSecond Life内の経済も成長しており、2008年年間で3億6000万ドル(約360億円)分の仮想通貨が流通しているとのこと。

このことから、ガートナー社がIT動向の分析のために使用している「ハイプ曲線」に、現在の仮想世界をプロットすると、「回復期(世の中が冷静さを取り戻し、正しく解釈し始める時期。)」にあたる。
2007年の過剰な期待のピークポジション(流行期)から一気に落下した(幻滅期)が、他のテクノロジに比べて仮想世界のハイプ上での動きは早く、ポジションはこの1年で「流行期→幻滅期→反動期→啓蒙期→回復期」へ盛り返してきたことになる。

ハイプ曲線

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。